ひざサポートコラーゲンは痛い時に飲んだら治るの?

ひざサポートコラーゲンは、膝の痛みを取るものではなく、良い状態をキープするためのものと考え、摂るようにしましょう。

得するひざサポートコラーゲン情報

ひざサポートコラーゲンは痛い時に飲んだら治るの?

加齢と共に膝や腰が痛むようになったという声をよく聞きます。

膝は特に痛みを訴える人が多く、ひどくなると歩くのも困難になるので大変です。

ここ最近、膝関節の動きを楽にするサプリメントがたくさん出ていますが、膝の痛みに効果はあるのでしょうか。

【膝が痛む原因】

スポーツをしているとか、転んだなどで膝が痛むことがありますが、運動不足による膝の老化や肥満で膝に負担がかかって痛むこともあります。

老化で膝が痛むのは、変形性膝関節症であることが多く、膝関節の中の軟骨がすり減って関節がスムーズに動かなくなったり、動かすと痛みが出たりします。

参照▼変形性膝関節症の症状・原因・治療・薬の種類と病院探しのポイント

【痛みが出たらまず病院へ】

膝に痛みが出てきたら、まずは病院へ行って診察してもらいましょう。

変形性膝関節症か、それとも他の症状なのか診断してもらいます。

医師の指示通り治療を受け、痛みが落ち着いてきたらひざサポートコラーゲンなどのサプリメントを検討すると良いでしょう。

【痛みはサプリで治りません】

膝が痛いからと、ひざサポートコラーゲンなどのサプリメントをすぐに摂り始める人がいますが、痛みはサプリメントでは取り除けません。

痛くなる前から摂り始めるか、痛みが落ち着いてから取り始めるかにしましょう。

【サプリは予防の役割】

ひざサポートコラーゲンといったサプリメントは、膝関節の痛みを取るものではなく、膝の状態を良くするため、良い状態をキープするためのものと考えましょう。

サプリを摂ることで、痛みが無くなることはなく、痛みが起こらないように予防をするということです。